データ復旧はプロに任せるのが得策【下手に手を出さず早めに相談】

サービス利用前の対応

パソコンを操作する人

やってはいけないこと

パソコンを使うとき、電源を入れます。すると起動し始め、いろいろな画面が出てきた後に処理ができる状態になります。しかし電源を入れても画面は真っ黒のまま、ある画面でストップしてしまうことがあります。何らかのトラブルでそれ以上処理が進まないのでしょう。この時に行う措置としては再起動があります。一旦強制終了をしてその後電源を入れ直します。多くのケースではこれで通常通り処理ができますが、改善しないときもあります。再起動しても処理画面に行かない時、パソコン自体が使えない状態になっています。当然中のデータも使えません。この時に利用するサービスとしてデータ復旧があります。パソコンが使えない原因を調べて、場合によってはデータのみを取り出してくれます。データ復旧業者に依頼をすれば多くのデータを戻してもらえる可能性があります。しかし利用前に色々な注意点があります。データ復旧前にしてはいけないことがあるので、できるだけ知ないようにします。データ復旧にしない方がいいのは再起動です。通常のトラブル時の対応で良く行いますが、1回や2回なら問題ありません。5回も10回も行うと、どんどんデータが書き換えられて復旧が難しくなるためです。その他フリーソフトなどで復旧をするときに、パソコン内に直接インストールする方法です。インストールをすると、復旧したいデータ部分に上書きされる可能性があり、それによって復旧できないデータが出てきます。他のパソコンなどにインストールする必要があります。